無理のない継続が大事|効果的なアトピー改善ができる食品|活性酸素を防ぐブルーベリー

効果的なアトピー改善ができる食品|活性酸素を防ぐブルーベリー

無理のない継続が大事

粉末とカプセル

コレステロールは細胞膜の材料や様々なホルモンの材料となるなど、人間の生命活動に必須のものです。しかし、高コレステロール血症など循環器系の病気の原因となるため、悪者扱いされやすいものでもあります。 全くコレステロールをとらなければ、細胞の新陳代謝がうまく行われず、肌が荒れてきます。ホルモンの生成がスムーズに行われないために、体調がすぐれないなど、活発な生活を送ることが難しくなります。必要な分を上手に取り入れながら健康に過す為には、いわゆる悪玉コレステロール(LDL)を摂らないのではなく、増えすぎないようにすることが大切です。そのためにはLDLを減らす食事を心がける方法と、運動して減らす方法があります。自分が無理なく続けられるよう、普段の食生活と生活習慣を少し見直すことで、コレステロールを味方につけることができるのです。

悪玉コレステロールを下げる方法の一つとしてよく知られているのは、青魚に含まれるEPAやDHAを多く摂取することです。これらを取り入れることで、LDLを減らしHDLを増やすことができます。いわゆる血液がサラサラの状態になる、ということです。意識して青魚を食べなければなかなか取り入れることのできない物です。しかし、これらは酸化しやすい脂質であるという難点もあります。出来るだけ新鮮なものを食べた方がよいでしょう。また、DHAは脳の働きを良くします。認知症の予防にも効果的なものですので、健康寿命を延ばす為にも大いに取り入れるとよいでしょう。 コレステロールを必要以上に吸収させないという方法も考えられます。それには食物繊維が有効です。食事で摂りすぎたものを水溶性の食物繊維が排出してくれます。食事のメニューに食物繊維の豊富なものを取り入れることで、同時に摂った余分なコレステロールを包み込んで体外に排出します。吸収を妨げる食品は他にもいろいろとあります。一度の食事でとる品目を増やすことで、自然に摂りすぎを防ぐことができるでしょう。 適度な運動とバランスの良い食事で脳も体も健康で過ごすことができます。